初めての方必見!よくわかるハイフ☆

Home > ハイフの豆知識 > ハイフで切らずにアンチエイジング

ハイフで切らずにアンチエイジング

 ハイフというのは高密度焦点式超音波のことであり、その技術は病気の治療に用いられていました。
しかしながら、高密度の超音波が皮膚に照射されると、熱収縮が起きて皮下組織のリフトアップが生じることが発見されて以降、その技術がアンチエイジングに用いられるようになったという経緯があります。
それまでは、目に見える効果が得られるようなアンチエイジングでは、メスを使った美容整形手術が不可欠でしたが、ハイフの登場によって切らなくてもアンチエイジングが出来るようになりました。
それだけ画期的な技術であり、目で確認できるほどに肌のリフトアップを実感することが出来ることから、近年利用者が増え続けています。
プチ整形と違い、その効果も以前よりも長持ちするようになったので、目に見える形でアンチエイジング効果が感じられます。

 気になるメカニズムですが、意外とシンプルです。
まず、カートリッジを使ってたるみを解消したい部分に高密度焦点式超音波を照射します。
以前は超音波を照射することで骨に痛みを感じることもありましたが、ハイフの改良が繰り返されたことで、痛みを殆ど感じず、より安全に施術を行うことが出来るようになりました。
カートリッジは数種類存在し、施術を行う場所によって使い分けています。
皮膚の深層部である表在性筋膜層に届くためには、一番深い部分に届くカートリッジを使用します。
このカートリッジを使用すれば、今までは美容整形でのみ治療が可能だったほうれい線や二重あごといった加齢現象も解消することができ、肌にハリを取り戻します。
ハイフの特徴として特筆すべきなのは、ダウンタイムが一切ないことです。

 なぜ今ハイフが注目されているかと言えば、その安全性の高さに注目されているからです。
従来のマシンの改良により、骨に響くような痛みが改善され、施術中は刺激を感じたり、痛みを感じることなく施術を受けることができます。
また、カートリッジの改良によって表在性筋膜層にまで簡単に超音波が届けられるようになり、熱収縮による肌の引き締めが容易になったのです。
その結果、低コストでの施術が可能となったので、ハイフは従来に比べてかなり料金が安くなったと評価を受けています。
さらに、安全性が確保されたことにより、皮膚の薄い部分である目元の施術を可能にしました。
目の下のたるみやくまの解消をハイフ一台で行うことが出来るようになったのです。
このように、ハイフの登場によってアンチエイジングが劇的に変わりました。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP