初めての方必見!よくわかるハイフ☆

Home > ハイフの豆知識 > リバウンドをしないダイエットをするならハイフは最適な方法

リバウンドをしないダイエットをするならハイフは最適な方法

 体重が減ることで本来の身体のラインがわかりやすくなるので、スリムになってキレイになります。
ダイエットに成功をして理想の体重やボディを維持できるといいのですが、我慢ばかりのダイエット後にリバウンドをする割合も高いです。
特に短期間でのハードなダイエットをして、一気に痩せると体は危機感を感じて、ダイエット後に脂肪を溜め込もうとします。
スリムになったことに安心をして、食べ過ぎて太るなどリバウンドは常に隣り合わせです。
普通にダイエットをしてもリバウンド率が高いのは、脂肪細胞が減っていないのが原因であり、ハイフならリバウンドはしません。
脂肪細胞に超音波が集中をして破壊されるので、根本的な脂肪細胞が減るからです。
ダイエットとリバウンドを繰り返すと、だんだん痩せにくくなりますが、ハイフならその心配もありません。

 ハイフ治療の副作用として神経損傷や火傷などが心配になるところですが、ハンドピースが施術時に浮いているとトラブルが起きるリスクは上がります。
マシンを操作する側の技術力も必要になりますので、美容医療クリニックでのハイフは信頼できるクリニックを選ぶことです。
肌にピッタリとハンドピースを密着させての施術でも、軽い火傷を起こすことはありますが、滅多にあることではありません。
基本的には可能性があるかもしれないということなので、正しい知識とただし使い方での施術であれば、火傷などのトラブルになることはまずないです。
エステサロンでもハイフは使われていますが、そもそもエステ機器なので医療マシンほどの強いパワーはありません。
肌に軽く刺激はあったとしても、驚くほどの痛みが出たり、内出血をするような心配もないです。

 リラクゼーション目的でエステサロンを利用していると、ハンドマッサージはもちろんのこと、エステマシンでの施術でも心地の良さしか体感をすることはありません。
癒しが希望ならば施術は心地よさがあってこそですが、痩身エステの場合は施術時に、ある程度の痛みや刺激を感じるケースは多いです。
ダイエットのためにハイフのマシンを導入するエステは増えていますが、最新の痩身マシンではあっても肌への刺激はあります。
ハイフの照射は1点に集中をしての照射であり、エステマシンなので医療機器よりはパワーが無いものの、温度は56℃にまで上がるので高温です。
肌には超音波を照射するときに、軽くチクチクとした軽い痛みを感じます。
全体的ではなく部分的に、強くチクチク感を感じることはありますが、我慢ができないほどではありません。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP