初めての方必見!よくわかるハイフ☆

Home > ハイフの豆知識 > 医療機関でのハイフは医師の診察から始まる安心の治療

医療機関でのハイフは医師の診察から始まる安心の治療

 美容クリニックでの医療ハイフを受ける場合は、事前に必ず診察でのカウンセリングがあります。
医療機器を使う美容治療になるので、医師が患者さんと向かい合って体の状態や、皮下脂肪の厚さなどを診察することは欠かせません。
効果が高いハイフですが施術の内容を、しっかりと説明をして納得してからのハイフの治療です。
施術前にはかならず医師によるデザインが行われますが、範囲を決めることは重要であり、仕上りに影響をします。
慎重にデザインを決定しておくことで、理想の効果を導くことになるためです。
ハイフは決めたデザインに沿い照射を行い、施術後に医師が状態を再度診察をします。
照射をする間に軽く刺激を肌で感じる部位が出てきますが、特に麻酔を必要とするほどではありません。
アフターケアとして再び医師の診察をして、特に問題が無ければ帰宅ができます。

 今までのもたくさんの痩身マシンでのダイエットは行われてきましたが、照射をしても熱が分散をするために、何度も繰り返して施術を受けなければなりませんでした。
複数回の痩身マシンでの施術が必須だった従来の痩身マシンと一線を引くのが、痩身機器としても話題になっているハイフです。
超音波はピンポイントで狙いを定めて照射をすることができるので、脂肪細胞をとても効率的に減らしていくことができます。
即効性があると言われるのもハイフのマシンであり、たった1回のマシンでの照射であっても、確実に施術部位の脂肪細胞は破壊されますし、自然に体の外へ排出をされる画期的な方法です。
ほんの1度のハイフでの痩身の施術でも、落としにくいと悩んでいた気になる部位のサイズダウンを期待することができます。

 痩身目的でハイフの照射ができる部位は、部分痩せが難しいと言われる部位がメインです。
自己流ダイエットで体重をとして、痩せたものの腕だけは立派ということはあります。
マッサージでも引き締めるのはハードルが高い、二の腕にもハイフの照射をすることは可能です。
夏に向けて可愛いノースリーブのワンピースを着こなすためにも、キャミソールももう怖くはありません。
自分で普段は確認はしないものの、水着を試着した時など後ろを見ると、意外と背中にも脂肪はついています。
どのように落としたらいいのかもわからない、背中の脂肪もハイフにお任せです。
キュッと引き締まったウエストはナイスバディには必須要素ですが、意外とポッコリしたお腹で悩む女子はいます。
そんなぶよぶよしたお腹の脂肪にも、ハイフがアプローチです。
ヒップに太ももやふくろはぎなど、痩身のハードルが高い下半身への照射もできます。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP