初めての方必見!よくわかるハイフ☆

Home > ハイフの豆知識 > 昔のリフトアップの美容治療とは一線を引く安心してたるみ改善できるハイフ

昔のリフトアップの美容治療とは一線を引く安心してたるみ改善できるハイフ

 ひと昔前の美容整形の業界であれば、たるみやシワを改善するためには、フェイスリフトの手術をするのが主流でした。
余分な皮膚を手術で切除をする必要があるため、全身麻酔を必要としましたし、完全に回復をするまでのダウンタイムも長いです。
やがて金の糸やアプトスリフトなど、医療用糸を用いての、皮膚の下へ挿入するたるみ手術も登場をしました。
医療用糸といっても異物を、皮膚の下へ入れるのは抵抗がある人があっても当然です。
たるみ撃退やしわ解消のために、ボトックスやヒアルロン注入もすることができますが、顔への注射が怖い人もいます。
やがて美容医療機器による、しわやたるみ治療にもスポットが当たるようになり、現代ではハイフは高い人気を誇る美容治療です。
切開手術も全身麻酔も不要で、注射器を顔に刺す必要もありません。

 エステサロンでは痩身エステのためにハイフのエステ機器を導入するケースも増えていますが、医療機器の導入ではないため大きなダウンタイムはありません。
施術をするのはエステティシャンであり、医療用ハイフのマシンよりも照射できる出力設定は低いです。
脂肪にアプローチをするハイフですが、エステ用のハイフ機器は照射をしても、強い痛みを感じることはほとんどありません。
施術をしても内出血になったり青あざができたりすることも無いです。
ダイエット目的の痩身マッサージは力強く、メニューによっては内出血をしたりすることもありますが、ハイフのエステ機器ならそんな心配もありません。
施術後に辛いダウンタイムも無いので、翌日からもいつも通り仕事も家事もできます。
低めの出力ですから医療機器よりは効果は落ちますが、穏やかな痩身効果を期待できるのもエステのハイフです。

 小顔と美しい肌を手に入れるならエステサロンの利用であり、ハイフの施術方法ならその願いに寄り添うことができます。
危機から照射をする超音波は、人体の表面に一切傷をつけることなく、特定の部分にだけエネルギーを集中させて熱変換を生じさせる仕組みです。
熱により物質が変化をする熱変換は、皮膚内部のタンパク質の引き締め効果をもたらします。
ボディの特に足せたい部分に照射をすることで、脂肪細胞を緩やかに負担なく溶かしますが、他の組織に悪い影響はありません。
溶けた脂肪は排出をされていきますから、リバウンドをすることも無いです。
脂肪細胞の破壊だけに特化しているわけではなく、ハイフは素肌の再生する力を元気にさせます。
引き締まって皮膚内部の活性化にもなるので、顔への照射はキュッと引き締まった小顔効果がありますし、肌にも弾力が期待できる施術です。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP