初めての方必見!よくわかるハイフ☆

Home > ハイフの豆知識 > 継続的な痩身効果が長く続くのもハイフの強み

継続的な痩身効果が長く続くのもハイフの強み

 痩せたい願いは多くの人が持っていますし、痩せたらスリムな体型を維持したいのも強い願望です。
従来の痩身マシンでの施術は、ダイエット効果をもたらすマシンはたくさんありました。
1回のマシンでの施術をすることで、効果を1週間から2週間は実感できることが多く、その期間は良くてもやがて効果は消え去ります。
痩身マシンにはいくつもの種類がありますし、価格設定は利用をする施設事自由な設定です。
僅か1週間でも効果が続けばよいと考える人がいる反面で、安くはない痩身マシンでの施術の効果持続期間に短さを感じる人もいます。
ハイフの痩身技術はこれまでの痩身マシンの常識を打ち破り、痩身効果は照射後の1ヵ月から3ヵ月は継続をする優れものです。
脂肪細胞の破壊力がとても高いのもハイフの強みであり、破壊された脂肪細胞はゆっくりと1ヵ月から3ヵ月をかけ排出をされるので、順調に痩せていきます。

 部分痩せや脂肪をスッキリさせたい人にも優秀なハイフですが、ハイフの施術を受けられないケースもあります。
腎臓や肝臓に持病を持っているとか、心臓疾患のある人などは受けることができません。
ペースメーカーを使っていたり、てんかんを患っていたり、皮膚に疾患のある場合も施術は不可です。
血管に問題を抱える、血栓や静脈炎のトラブルのあるケースも施術はできませんし、超音波を照射する部分に傷があったり、ヘルニアがあるなどもやはり受けるべきではありません。
昔よりも美容医療は身近なものとなっていることから、一般人でも簡単な美容整形を受けることが増えました。
ハイフを受けたいと考えてもその部分位、コラーゲンや貴金属にシリコンなど、異物が入っている場合もハイフの治療を受けることはできません。

 集束超音波治療は近年登場をしたわけではなく、すでに長い歴史を持っています。
精密な集束超音波が開発をされたのは、1950年代のことです。
優れた技術は21世紀以降になって、医療の世界や美容の世界へと広がっていきました。
現代ではハイフの痩身機器や、たるみにも効果的な美容機器となって、美容の世界でも注目を集めています。
エステサロンで導入をしているハイフは、あくまでエステ機器であり医療機器ではありません。
医療用のハイフの導入が認められているのは、医療機関のみです。
ハイフ痩身などメニューを打ち出しているエステはありますが、エステマシンの入る方は、医療用ハイフマシンと同じメカニズムを用いています。
でもエステなので、医療機関で使う医療機器のハイフほどの力はありません。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP