TOP > 金属の3dプリンタについて > 時代は進化する金属3dプリンターによる魅力に迫る

時代は進化する金属3dプリンターによる魅力に迫る

 海外においては、既に3dプリンターを使って住宅その物が建てられている時代です。
金属における3dプリンター技術も、飛躍的に進化をしている時代であり、よりイメージに近い型を手軽に作り出されています。
今の技術において、金属による3dプリンターは、二つの系統に分かれています。
一つは、金属をパウンダー状の粉を利用したプリンターです。
もう一つは、メタルデポジッション方式と呼ばれる方式であり、家庭用の3dプリンターに見られる様に、融解と冷却を繰り返しながら造形していく仕組みです。
この二つの主な違いは、パウンダー式は、パウダーを敷き詰め、その中で造形します。
メタルデポジッション方式は、一点一点を積み重ねていくタイプになります。
パウンダー式は、細かな造形が可能であり、メタルデポジッション方式は高速で作り上げるメリットもあるのです。

 金属は、言葉一つで表せれますが、その種類も様々であり、融解温度にも違いがあるためプリンターによって可否に違いがあります。
現在主に利用されている金属は、鉄鋼、アルミニウムと銅などです。
機種によっては、チタンなど多岐多様に対応している場合もあります。
鉄などの金属であれば、直接、金属による3dプリンターの造形物を製品に適応させれるでしょう。
アルミナとは値段も安く、試作品としての利用方法もあるはずです。
銅による内容は、伝導率も高いため、電子基板などの試作品として利用する方法もあるでしょう。
チタン系は、軽量であり尚且、丈夫であるため、医療において骨格の代用としても利用されています。
ここで紹介している例は、あくまでも一般的な利用方法です。
世の中の多くは、造形物で成り立っているため、潜在的に多くの利用方法があります。

 金属による3dプリンターの恩恵は、従来と比べると様々な場所で力を発揮しています。
従来は、人の手が届きにくい場所においては、造形できなかった場所もあったのです。
人の目が届かない所は、確認すら難しい場合もありました。
現在は、その確認が容易に出来る時代です。
設計図によるデーターさえ残されていれば、失った部品を再び現代に蘇られる事も可能です。
例えば、生産が終了している車の部品なども、金属による3dプリンターによって、代表品を作り上げれる場合もあるでしょう。
従来であれば、設計部と製作部は、離れた場所に存在している場合も多く、試作品を作り上げるために一度、製作部に依頼をしなければならかったのです。
それには、時間と費用がかかってしまいます。
設計部に、金属による3dプリンターを設置していれば、直ぐに試作品を手に出来るメリットもあるでしょう。

次の記事へ