TOP > 金属の3dプリンタについて > 金属などの素材を簡単に加工できる3dプリンターの特徴

金属などの素材を簡単に加工できる3dプリンターの特徴

 文章などを印刷する際に使用するプリンターは、常日頃から家や会社でよく利用していると考えられます。
近頃では平面のみならず、立体的な造形物を制作するものづくりの場面でも活用されています。
3dプリンターと呼ばれており、多種多様な素材を立体的に造形します。
具体的には、3次元の設計データーをもとに、樹脂並びに金属といった素材から立体的なものを造形します。
通常よく利用している2Dプリンターは、紙といった平面上に印刷します。
それに対し3dプリンターは、2次元へとスライスされている樹脂や金属といったデーターを層という形で積み増し、デジタルデータに因る立体的造形を行います。
手を煩わせることなく立体的なものを実体化できることから、ここへ来て印刷業界はもとより、色々な業界から活用法が注目されています。

 3dプリンターが出てくる前は、現場では金属を利用することによって作り上げた型へと樹脂といった素材を流し込む形で造形が施されてきました。
しかしながら鋳型を作成するためにはいろいろなテクニックが必要で、労力と時間もかかります。
具体的に言いますと 試作品を作成するための型を作り、試作品を形作ってみて、修正が必要なら型からやり直す といったように、現実に出来上がるまでの期間が長くなる傾向が見られます。
しかしながら3dプリンターを活用することになれば、3DCADといった設計データーをインプットするだけでシンプルに造形ができます。
鋳型を作成するタスクがないため容易くできるわけです。
その上3dプリンターはさほど場所を必要としません。
以上のように、3dプリンターはものづくりをする上でお金と時間を削減できます。

 オーダーメイドのものは作成に時間と金銭が必要になるというのがいままでの一般常識でした。
しかし3Dプリンターがある場合、込み入ってカスタムされているオーダーメイドのものであっても、リーズナブルにスピーディーに造形が可能です。
3Dプリンターの出現以前、造形というととても難しい捉え方がありました。
特徴的な機械の持ち主であることや、専門技術や知識が求められていたからです。
近頃では3Dプリンターによりまして、容易に、安い価格で造形することが出来るになったので、ものづくりに対してのハードルが下がっています。
シンプルさ、簡便性から電気屋で家庭専用3Dプリンターを目にするケースも多くなってきました。
このタイミングで、ものづくりにチャレンジしてみる人が一段と増加するといえるでしょう。

次の記事へ