TOP > 金属の3dプリンタについて > 金属等を加工できる3Dプリンターの車向けパーツへの活用の可能性

金属等を加工できる3Dプリンターの車向けパーツへの活用の可能性

 ABS樹脂、或いは金属粉末などをレーザー光線を活用することによって積層させ、設計図のままに製作することができる3dプリンターは、特注品といった製造には利用することができる可能性がありました。
設計したパイロット生産においては変更が非常に多く、金型などを必要としないでパーツを作成できることから可能性が大きくなっていました。
精度が上向きになる一方で、強度に関しても獲得できるようになったため、クラッシックカーのパーツ製造などにも採用され始めています。
これに関しては、現在の車の整備パーツなどにも応用できます。
 自動車パーツの製造にはたくさんの金型が求められ、そうした償却そのものがモデルチェンジの足を引っ張っていました。
費用も膨らんでいましたが、3dプリンターによって、切削加工を必要としないで図面に基づいて生産できようになっています。

 3dプリンターにつきましては、依然として加工に時間が取られることや、強度の点で造れないものも見受けられることから、量産のタスクには完全に組み込める状況ではありません。
しかしながら将来的に考えた場合、自動車のパーツの内装材など、クライアントのリクエストを形にしていけることため、近いうちにより一層活用される可能性が大であると言えるでしょう。
 3dプリンターを活用することによって造形を行うと、いままで加工することが叶わなかった形状が可能になるケースがあります。
そうなると、製造におきましてはパーツ点数が少なくなるなどのアドバンテージがありますので、量産品に応用することも急がれています。
精密製造できない形が実現できると、量産品の現場により一層活用する期待が高まるでしょう。

 実際のところ、強度など満足することが可能なパーツから組み込みの可能性が出てくるでしょう。
加工する時間がかかるのが現在の状況ですが、他のタスクと合わせて画策するとメリットが生ずる部品もあると考えられます。
近々第4次産業革命が進んで、車のオーダーも整備もインターネットを介して実施される可能性が高まってくることでしょう。
そのようなときパーツをストックしていなくても、3Dプリンターを活用して一瞬にして造れると、整備現場では相当なメリットが生まれます。
図面を製造メーカーからインターネットを介して送ってもらい、3Dプリンターを活用して現場で造形することができます。
 現在において、クラッシックカーの整備パーツを造るなどが試されているため、現場で実用化は非常に近いことも考えられます。
これに関しては、インターネットに繋がった整備体制として有望といえるでしょう。

次の記事へ