TOP > 金属の3dプリンタについて > 金属等を自在に加工できる3Dプリンターの車の業界における可能性について

金属等を自在に加工できる3Dプリンターの車の業界における可能性について

 金属などの素材を自在に加工できる3dプリンターは、現在において、色々な業界で躍動しています。
その中にあっても車業界においての3dプリンターは転換期を迎え入れています。
今現在の3dプリンターのオーソドックスな活用され方は試作品製造です。
しかしながらここにきて、アメリカやヨーロッパの企業を主として構成部品並びに製造機器に採用されています。
いままで試作品製作のために活用されてきた3dプリンターが今の時代、部品作りに使われるようになっています。
自明のことですが3dプリンターは、切削、あるいはプレスなどの従来工法を一切合切置き換えることは不可能です。
しかしながら、3dプリンターの方が秀でている面があります。
加えて、3dプリンターは発展途上です。
そのため、3dプリンターを自発的に活用し、能率的に活用するノウハウを貯めておくことが重要と言えます。

 今では相当込み入った曲線をミックスさせてデザインされたボディが増加しています。
プレス技術の発達に伴い、一層流線型へとレベルアップしていく傾向が見られます。
しかしながら型枠の技術が進んでも、パーフェクトに一枚板によってボディを造るまでには至りません。
カーデザイナーが思い描く3次元の曲線が表現できるボディを作ることは困難です。
現実にボディ成形のタスクは鉄板を裁断して、プレス機を通して、溶接によってつなぎます。
そのため3dプリンターが注目を浴びています。
積層により垂直に上がっていく合成樹脂製のボディでしたら、ボディをパーツ毎に作り上げてセッティングすることも必要なく、カーデザイナーが描いたフォルムがそのままの状態で造形されます。
こうしたシンプルさから、自動車業界では注目を集めています。

 カーデザイナーがCAD上においてデザインした自動車が、3dプリンターで実体化される場合、プロトタイプ作成に関しても利点になります。
ボディ製造だけならば、デザインが完了して数時間で完成するとも言われます。
通常であれば、コンセプトカーを作成するにもそれなりの時間が求められました。
まず第一にコンセプト及びパッケージの構想からスタートし、デザイナーをメインとするデザインの展開を行なって、プレゼンテーションを重ねて、サンプル作成を乗り越えて、ようやくコンセプトカーの製作にかかります。
しかしデザイン性が固まって、すぐ3dプリンターによるサンプル構築を行なって、そのままの状態でコンセプトカーへと進んでいくことができるようになっています。
したがって、大きな効率化が達成できます。

次の記事へ