TOP > 金属の3dプリンタについて > 金属3dプリンターのメカニズムと作製できる物

金属3dプリンターのメカニズムと作製できる物

 金属3dプリンターについてはPCを利用することによって作り上げたデーター数値を立体的な金属の物にしてくれます。
金属によって構築することはたしかに必要となる費用が発生しますが、従来の金型を作成するより少量の生産品にとり節約することができます。
加えて完成がスピーディーなため、試作品を即座にチェックし、修正も手を煩わせることなく行えることからパーツ作成が楽になります。
一方で、留意すべき点としては、必要となる費用の高さが考えられます。
金属粉末に関してはほかの素材と比較して高額です。
しかしながら、割高と感じたとしても、そのスキルの素晴らしさと製作期間の短縮があるので、トータルの費用で見てみると安く仕上がる可能性があります。
樹脂が素材であった時には樹脂製品という限定されたモノ作りにしか利用できませんでしたが、金属で作ることができるようになったことを通して、使い道は拡がったといえるでしょう。

 従来の3dプリンターは樹脂がメインの素材でした。
3dプリンターに関しては素材をインクの様なイメージで吹き付けることから、ソフトで粘着性が見られる樹脂ぐらいしか利用できませんでした。
そして金属3dプリンターが現れ、金属を粉末の様な状況にして、吹きかけレーザーを利用することによって焼いて固めるというメソッドが出来るようになっています。
そして、立体的にモノ作りが出来ます。
パーツをカットするという加工がないことから、原則としてどういった形の物でも構築することが出来ます。
しかしながら素材を塗布することから、載せる土台部分が入り用となり、これをあとになって外すというタスクが必要です。
一方難解で今までは加工できなかったものや、プロフェッショナル以外は作れなかった質のものを作ることができます。

 金属3dプリンターにおいては3dのデーター数値を用意することが不可欠です。
これに関しては、専用のソフトウェアで容易に製作することができるようになっていて、3dのデーター数値をインプットし、以降は素材を金属3dプリンターにセットしボタンをプッシュしたら作れます。
こうした3dデーターについてはデジタルデータの為、個別的に図面を書き換えることが要求されず、容易に修正ができることになります。
修正することを通じて、小さい変更も容易にすることが出来るので、様々なパターンのものを制作することができます。
従って、個人的な趣味で作成するような造形物を作成し、日曜大工で取り扱う部品や日用品として取り扱う部品も作ることが出来ます。
データー数値をインプットしてボタンを押すのみとなりますのでプロフェショナルだけでなく一般人も簡単に使えます。

次の記事へ