TOP > 金属の3dプリンタについて > 金属3dプリンターの仕組みと特徴

金属3dプリンターの仕組みと特徴

 金属3dプリンターについては、レーザー及び素材である金属粉末で起動するメカニズムとなっています。
まず第一に、金属粉末を0.02mm~0.05mm程に敷くことになります。
一層毎に積み重ねることから、厚みを積層ピッチといいます。
敷いた金属粉末に対してレーザーをあてることを通して、入用になる部分のみを固めることになります。
次に、土台部分を積層ピッチの相当分だけ降下させ、更に金属粉末を敷きレーザーをあてるというタスクを反復し実施します。
どこにでもある3dプリンターも同じ様な原理で稼動しており、一層ごとがソフトクリームの様な状態の下で構築してあります。
こうした造形形式で、古くからの切削加工や成型加工においては実現できなかった形を表現することができるようになっています。

 3dプリンターにおいては、込み入った形となっておりかつては加工自体が容易ではなかったもの、プロフェッショナルでなければ構築できなかったものが作ることができるというアピールポイントがあります。
更に緻密で、いくらでも同じものを作ることが可能な点が特徴です。
小さい変更なら容易にデーターで実践できる点も魅力です。
その結果、日用品やパーツ、個人的な趣味の造形物を金属3dプリンターで手間を掛けることなく作ることが可能です。
店では発売されていないような手間のかかる形ができるので、実用品として活用するのみならず、個人的な趣味として気楽な気持ちで部品作りができます。
データー数値をインプットしたらスタートボタンを押すのみなので、どんな人でもシンプルに利用することができることができ、アイディア次第でオリジナル商品を作れます。

 絵を描写するイメージにより粉末材料を敷き、作業を何度も行うことにより絵が3次元に作り上げられる金属3dプリンターは、パーツを削るといった加工が無いため、どういった手がかかる形でも構築ができます。
素材を敷くことから物を乗せる土台が入り用となりますが、非常に多くの形を制作することができます。
人の手では加工できないと考えられていたものでも、金属3dプリンターでしたら何回でも同じものを作ることができます。
ボタン1つで生産ができるので、従業員にかかる費用が掛からない利点もあります。
それに加えて、人が物を作るとなれば能力が影響するわけですが、金属3dプリンターは精密性のばらつきがなく、更に精巧にできたもの作りを行えます。
ですから、多くの現場で有効に活用されており、将来的にも活用が拡大すると考えられています。

次の記事へ